「まぁ別にいいじゃない」って思える人

5つのダンボールハウスが仮設され、あっという間に壊された後、先生たちとのフィードバック会議に。

そこで「ちゃんとやっている子/やっていない子」といった話題が出た。


ぼくはそのやりとりをしばらく聞いてたんだけど、

「やってた子に "やってなかった子たちのことをどう思ってた?" って、聞いてみるといいかも」みたいな話をした。

たぶん多くの子はなんとも思わなかったと答えるんじゃないか。

それはその子たちに "やらされてる感" がなかったと思うから。


"やらされてる感" がない人は、やらない他人に対して寛容になりうる。

やらされていないということは、自分なりにその場を楽しめているということだから。


だから "やらない人" に「ちゃんとやっていない人」として苛立つことなく、「やらないことを選んだ人」として容認できる。つまり良い意味で自分は自分、あいつはあいつ、になりうる。


逆にやらされている感が強い人は、他人に厳しくなる。

おれも我慢してるんだから、お前も我慢しろ。

おれも頑張ってるんだから、お前も頑張れ、甘えるな。


最近の傾向なのか(いや震災以降か)、そういう人が増えている気がする。

そんな空気が蔓延していて、なんだか重苦しい。


いま、世の中で一番必要な人は寛容な人だと思う。無関心とは違う次元での「まぁ別にいいじゃない」って思える人。この学校にはそう思える子が多いってことが分かったんだし、まぁ別にいいじゃない、とかそんな感じ。(内野徹)

まなびとくらし

まなびとくらしは、様々な芸術体験を通じて、子どもの「いきていくチカラ」を育むNPO法人です。

0コメント

  • 1000 / 1000