まなびとくらしとは

芸術や教育の領域に関わる多様なメンバーによって、2017年に設立された特定非営利活動法人です。

わたしたちは感性・表現・対話・共感・協働・共生・身体などをテーマとするプロジェクトやワークショップを通じて、子どもの「いきていくチカラ」を育みます。また、それらは大人に向けても開催しています。

現在、神奈川県内公立小・中学校・高校、都内障がい児支援事業所の他、カフェや大型野外音楽フェスなどでも様々なプログラムを展開しています。


これまで

2017年5月

スターバックス ネイバーフッドアンドコーヒー 新石川2丁目店「まあるいテーブル01 <うれしいって どんな色?>」(ディレクション・講師)


2017年4月

石川町 ひらがな商店街 カフェ&イベントスペース 等(ら)「ボディケアワークショップ <トーストの上のバターのように、からだをとかしていく時間>」(共同ディレクション・講師)


2017年4月

六本木 natural kitchen yoomi「あかちゃんと母さんのクリニカルアートカフェ <色との出会い>」(共同企画・ディレクション・講師)


2016年〜現在

神奈川県湯河原町立湯河原小学校・吉浜小学校・東台福浦小学校「ソーシャルスキルをめぐるアートワークショップ(社会生活技能訓練講座)」(講師)

・感情のアナログ画

・五感で描くリンゴ


2014年〜現在

神奈川県湯河原町立湯河原中学校「ソーシャルスキルをめぐるアートワークショップ(社会生活技能訓練講座)」(ディレクター・講師)

・描くをかさねる

・仮説と仮設(ペーパータワーをたてよう)

・ダンボルハウスをつくろう

・対話ってなんだろう?

・沈黙をつくる、静寂を聞く

・ブラインドウォーク

・はじめての抽象画 他


2016年9月

ねぶくろシネマ volume 5 グーニーズ「キッズワークショップ ”勇気のランタン”」(ディレクター)


2016年7月

「FUJI ROCK FESTIVAL 2016 キッズワークショップ “アートテント” 」(KIDS LANDメンバーとして参加)

・ペイントテーブル

・ロックでメタルなムシをつくって、森に展示しよう

・多様性と共生の旗


2013年8月

コミュニティクラブたまがわ「くるくるアニメをつくろう!」(講師)


2013~2016年

「みんなのしごと vol.1〜13」(コーディネータ)

 →外部リンク


2011年7月

DOORS インターナショナルワークショップフェスティバル2011「BODY LISTENING~自分のからだを知りたい」(講師)


2011〜2012年

文部科学省委託研究事業「コミュニケーション教育の円滑な実施のための調査研究 オダテイ若者自立支援プログラム~コミュニケーション力育成アートワークショップ」(ディレクター)

・せんせいのプロモーションビデオをつくろう(講師)

・ハウスとカレーでヒデキ、カンゲキ

・からだから感じる


2009年8月

多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ「からだと音はおともだち」(講師)


2005年8月

多摩美術大学 生涯学習プログラム あそびじゅつ「音ってほんとはどんなもの?」(講師)


2004~2005年

「コトコトプロジェクト」ソネットエンタテインメント株式会社 × MMS東京映像の産学共同プロジェクト。

東京慈恵医大病院小児病棟で重篤患者も参加できる全4回のワークショップを開催(ディレクター・ファシリテータ)


2005〜2006年

多摩美術大学共同研究「koto」千葉県銚子市との官学共同研究。廃校になった分校を1年半借りて、その土地に住む人たちと「記憶の地図」をつくるプロジェクト(企画・共同ディレクター)

などなど