描くを かさねる

今年で3年目となる、湯河原中学校での「ソーシャルスキルをめぐるアートワークショップ(社会生活技能育成講座)」。

各学年、1年に3回のワークを体験します。


今日は3年生の2回目。オイルパステルを使ったペアワーク「描くを かさねる」を実施しました。


交互に1本ずつ、計6本の線を引き、それによってできた「形」を交互に塗っていく。

いずれも画面をしっかり見ながら、相手が引いた線に重ねること、塗るときに形からはみ出すことを恐れない。また、相談はしない。

相手の気持ちを推し量るのではなく、間にある作品が求めるものを想像しながら、自分の作業を丁寧に進める。

 

ずれ。

そこにずれが生じるということ。

思うようにいかない現状とのんびりと付き合う30分。


まなびとくらし

まなびとくらしは、様々な芸術体験を通じて、 「いきていくチカラ」を育むNPO法人です。

0コメント

  • 1000 / 1000